2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08







スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

読書「任侠書房」~今野 敏 

感想・・・★★★★★(5つが最高)

51jIb5+HpjL__SX342_BO1,204,203,200_

内容(BOOKデーターベース)

日村誠司が代貸を務める阿岐本組は、今時珍しく任侠道をわきまえたヤクザ。その阿岐本組長が、兄弟分の組から倒産寸前の出版社経営を引き受けることになった。舞い上がる組長に半ば呆れながら問題の梅之木書房に出向く日村。そこにはひと癖もふた癖もある編集者たちが。マル暴の刑事も絡んで、トラブルに次ぐトラブル。頭を抱える日村と梅之木書房の運命は?「任侠」シリーズ第一弾(『とせい』を改題)。

面白い!
実際にこんな常識的な
ヤクザは存在しないと分かっていても
つい「おっしゃるとおり」と同調してしまう。

人として当たり前の事
人を誉める。
人に感謝する。
人を認める。
人間関係なんて
そんな簡単な事で上手く行くモンなのかも~
と思えてしまった。
スポンサーサイト
[ 2016/06/26 12:00 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://familynakayoshi.blog.fc2.com/tb.php/986-1ca350c6







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。