2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06







スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

読書「禿鷹の夜」~逢坂 剛 

感想・・・★★★★☆(5つが最高)

51ll5hcNbML__SX345_BO1,204,203,200_

内容(BOOKデーターベース)

信じるものは拳とカネ。史上最悪の刑事・禿富鷹秋―通称ハゲタカは神宮署の放し飼い。ヤクザにたかる。弱きはくじく。しかし、恋人を奪った南米マフィアだけは許せない。痛快無比!血も涙もひとかけらの正義もない非情の刑事を描いて、読書界を震撼させた問題作。本邦初の警察暗黒小説の登場。

アマゾンの評価は普通より少し上くらい。
しかし、個人的には面白かった。
「史上最悪の警察官」って書き出しだけど
手を組んだヤクザを裏切らないばかりか
ここぞと言うときは助けに現れる。

恋人を殺されれば
誰でもこんな感じに変貌しても
小説なら筋は通る
と思うけど・・・・

一方登場するヤクザ達も
妙に人情味があって
素直で・・・親分を立てて・・・
しかも、知的で・・・・
5冊ほどのシリーズの中で
この先どういう立場で
話が進むのか楽しみである。
一気に読了する予定である。

スポンサーサイト
[ 2016/06/19 12:00 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://familynakayoshi.blog.fc2.com/tb.php/979-2acfc766







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。