2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10







スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

読書「よみがえる百舌」~逢坂 剛 

感想・・・★★★☆☆(5つが最高)

51NXwFD8FGL__SX343_BO1,204,203,200_

内容(BOOKデーターベース)

元刑事が殺された。後頭部を千枚通しで一突き。伝説の暗殺者、百舌の手口だ。闇の彼方から百舌が帰還したのか?それとも、警察の汚濁に基づくあの事件を知っている者が始末されていくのか?いまわしい記憶に怯える女刑事・倉木美希の前に第二の殺人が起こる!野に下った大杉良太も友のために立ちあがる。警察の腐敗を告発し、サスペンスの極限に挑む逢坂剛の大ヒットシリーズの最新長編。

うーん。
残された大杉と美希がくっつく・・・
は何となく頷けた。
お似合いだよ!

しかし・・・ピンチが多すぎる。
何度頭殴られて
気を失ったのだろう・・・・

どんどん信頼できる
かっこよい人々が死んじゃって・・・
どうなっていくのか?

しかし、このシリーズ
1冊のボリュームが結構有るので
読み応えはある。

スポンサーサイト
[ 2016/06/02 12:00 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://familynakayoshi.blog.fc2.com/tb.php/963-96b08229







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。