2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05







スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

読書「百舌~幻の翼~」~逢坂 剛 

感想・・・★★★★★(5つが最高)

51oXP2m51uL__SX343_BO1,204,203,200_

内容(BOOKデーターベース)

かつて、能登の断崖に消えた“百舌”は復讐を誓い、北朝鮮の工作員として、日本に潜入した―。稜徳会病院で起きた大量殺人事件は、明確な理由もなく突然の捜査打ち切りが発表され、背後に政治的な陰謀がからんでいるのではと、取り沙汰されていた。捜査に当った倉木尚武警視は、大杉良太警部補、明星美希部長刑事などと共に闇に葬られようとする陰謀を執拗に追う。息もつかせぬサスペンス長編。

今回百舌の登場は少し。
って言うか・・・お兄ちゃん生きていたのね。
お兄ちゃんの復讐をして
弟はあの世へ行ったのに・・・

何かの伏線があるとは思って居たが・・・
最後はかっこよく大どんでん返し。

しかも・・・次回は結婚?新婚?

この作品は
本を読んでから
ドラマ若しくは映画を見た方が
楽しめるなぁ~と思う。
全部で6冊
読了したら早速レンタルへ走るな・・・わたし。
スポンサーサイト
[ 2016/05/30 12:00 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://familynakayoshi.blog.fc2.com/tb.php/960-51991f85







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。