2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08







スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

読書「ハング」~誉田 哲也 

感想・・・★★★★★(5つが最高)

415Q0mbi5AL__SX338_BO1,204,203,200_

内容(BOOKデーターベース)

警視庁捜査一課の堀田班は、宝飾店オーナー殺人事件の容疑者を自供により逮捕。だが公判では自白強要があったと証言され、翌日、班の刑事の一人が首を吊った姿で見つかる。そしてさらなる死の連鎖が…。刑事たちは巨大な闇から仲間を、愛する人を守ることができるのか。誉田作品史上もっともハードな警察小説。

テンポも良くて
この人の作品は好きなんだけど・・・

人が死にすぎ!

ストロベリーナイトもだけど
この作者は
ひっそりと人に恋心を持つ
そんな描写が上手いので
ストーリーとは別に
ちょっとキュンとするのだが・・・

最後には救われないと決まっている。

ストロベリーナイトは他の人と結婚しちゃったし
今回は・・・死んじゃった。

しかし、
一気に読めちゃうほど
内容は面白かった。
スポンサーサイト
[ 2016/05/28 12:00 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://familynakayoshi.blog.fc2.com/tb.php/958-9b5e634d







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。