2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12







スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

読書「MOMENT」~本多 孝好 

感想・・・★★★★☆(5つが最高)

51uUmsOBtOL__SX349_BO1,204,203,200_

内容(BOOKデーターベース)

死ぬ前にひとつ願いが叶うとしたら…。病院でバイトをする大学生の「僕」。ある末期患者の願いを叶えた事から、彼の元には患者たちの最後の願いが寄せられるようになる。恋心、家族への愛、死に対する恐怖、そして癒えることのない深い悲しみ。願いに込められた命の真実に彼の心は揺れ動く。ひとは人生の終わりに誰を想い、何を願うのか。そこにある小さいけれど確かな希望―。静かに胸を打つ物語。

必殺仕事人的な話かと思った。
最後に願い事を叶えることで
心残りを少しでも軽くして・・・

ところが、実際は逆かな?
全くとは言わないが
世の中にはこういう復讐の仕方も
有るのか~と思える作品。

もし自分なら
最後の最後に1番憎んでいる人を
ぎゃふんと言わせたいか?
今ならそこまで憎い人はいないかなぁ?
と思えた。
と言う事はまだまだ甘い人生なのか?
はたまたそこまで人を憎まずに
過ごせている毎日に感謝なのか?

今までの本と
視点の少し異る作品で
面白かった~。
スポンサーサイト
[ 2016/05/14 12:00 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://familynakayoshi.blog.fc2.com/tb.php/944-d79da447







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。