2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10







スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

読書「地層捜査」~佐々木 譲 

感想・・・★★☆☆☆(5つが最高)

518t6jR109L__SX349_BO1,204,203,200_

内容(BOOKデーターベース)

無能なキャリアに歯向かって謹慎となった若き刑事・水戸部は迷宮入り事件を担当する「特命捜査対策室」に配属された。15年前の四谷荒木町の殺しを再捜査せよ。専従捜査員は水戸部ただ一人。退職刑事を相棒に、水戸部は町の底に埋もれた秘密と嘘に肉薄してゆく。静かな余韻を響かせる警察小説シリーズ第一作。

文章自体はとても読みやすいが、
兎に角地形を知らないと
上手く読み進められない。
今回の舞台は東京。
大きな幹線道路とか・・
知っているだけで
「あ~」と思えるのでは?

個人的には引退した元刑事が
もう少し良い人だと良いなぁ~
何というか、おじいちゃんの知恵袋のような。。。

人間的にトゲトゲしていて・・
事件自体が15年前の
些細な事からやっちまった的な話なので
人間関係がホンワカしていた方が
バランスが良い気がしたが・・・
スポンサーサイト
[ 2016/05/13 12:00 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://familynakayoshi.blog.fc2.com/tb.php/943-f7a8466b







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。