2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12







スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

読書「風の墓碑銘(エピタフ)上 女刑事 音道 貴子」~乃南 アサ 

感想・・・★★★★☆(5つが最高)

51JDFYr0jCL__SX298_BO1,204,203,200_

内容(BOOKデーターベース)

貸家だった木造民家の解体現場から、白骨死体が発見された。音道貴子は、家主の今川篤行から店子の話を聞こうとするが、認知症で要領を得ず、収穫のない日々が過ぎていく。そんな矢先、その今川が殺害される…。唯一の鍵が消えた。捜査本部が置かれ、刑事たちが召集される。音道の相棒は…、滝沢保だった。『凍える牙』の名コンビが再び、謎が謎を呼ぶ難事件に挑む傑作長篇ミステリー。

この作家の作品は
読みやすい。
売れるのが分かるなぁ~

女刑事シリーズの第二弾?
前回ほど女刑事も
「女だから舐められてる。。」とか
「女だから・・・」を強調せず
その辺りもありストーリーに
入り込みやすくなっている。

上巻では
と有るヘルパーの男性が浮上。
彼の哀しい過去が明らかに・・・・

滝沢のお父さんとの
コンビも息が合ってきて
下巻が楽しみである。
スポンサーサイト
[ 2016/04/09 12:00 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://familynakayoshi.blog.fc2.com/tb.php/920-736e1e7d







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。