2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12







スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

読書「義経はここにいる」~井沢 元彦 

感想・・・★★★☆☆(5つが最高)

216MD49HWAL__BO1,204,203,200_

内容(BOOKデーターベース)

ヨシツネに殺される…。佐倉財閥の跡を継ぐことになっている森川義行からの救いをもとめる、謎の電話。そして源義経の悲劇に符合する殺人事件が起こる。連続して起こる殺人事件の謎と、義経伝説、平泉の金色堂の秘密に挑戦する古美術研究家の名探偵・南条圭の推理。新考証で描く、傑作歴史ミステリー。


源平の頃の歴史小説も
過去読んだことがあるが
皆名前の漢字がよく似ている。
そのため、「誰だっけ?」
と直ぐに忘れちゃう。

これは源義経を中心として
歴史に触れながらの
ミステリー。

ストーリーよりも
歴史建造物や
如来と菩薩の違いなど
違うところでへぇ~と感心した。

と言いながら
最後まで犯人は分からなかったけど。
スポンサーサイト
[ 2016/03/11 12:00 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://familynakayoshi.blog.fc2.com/tb.php/891-da87a405







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。