2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07







スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

甥っ子の病気・・・その2 

早速市民病院へ行くも
解熱時には食事が取れている事や
水分が自力で取れることを理由に
点滴のみで自宅へ帰される。
それが金曜日。

しかし、土曜日も高熱が出る。
段々熱が下がる時間も短くなる。
その上、食事も取れなくなってきた。

それでも、市民病院では
点滴をして自宅へ・・・
しかも、次の受診日は
水曜日だと言われる。

日曜日はほとんど食べられず
朝方5時に市民病院へ運び込んだ。
その時の当直の研修医の先生の目に
血液検査の結果が止まった。

白血球やリンパ球の減少だけでは無く
LDHとフェリチンの数値が
跳ね上がっていたのだ。

直ぐに小児科へ移動しましょう。
入院となった。
40度を越える発熱し始めて8日後だった。

続く
スポンサーサイト
[ 2016/03/04 12:00 ] 出来事 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://familynakayoshi.blog.fc2.com/tb.php/884-948bf5ee







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。