2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10







スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

読書「第三の時効」~横山 秀夫 

感想・・・★★★★★(5つが最高)

417I1qwWIML__SX338_BO1,204,203,200_

内容(BOOKデーターベース)

殺人事件の時効成立目前。現場の刑事にも知らされず、巧妙に仕組まれていた「第三の時効」とはいったい何か!?刑事たちの生々しい葛藤と、逮捕への執念を鋭くえぐる表題作ほか、全六篇の連作短篇集。本格ミステリにして警察小説の最高峰との呼び声も高い本作を貫くのは、硬質なエレガンス。圧倒的な破壊力で、あぶり出されるのは、男たちの矜持だ―。大人気、F県警強行犯シリーズ第一弾。

短編集だが、
6篇全てが連続していて
とても面白かった。

アウトローな刑事達ばかりだが
思わぬ人間らしさや
自分の心を傷を
言葉を語ること無く
差し出す・・・
そんな場面を上手く描いていて
のめり込んでしまい
1日で読破。

スポンサーサイト
[ 2016/03/02 12:00 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://familynakayoshi.blog.fc2.com/tb.php/882-ebb3f76a







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。