2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05







スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

読書「追憶のかけら」~貫井 徳郎 

感想・・・★★★☆☆(5つが最高)

41iymkLpjpL__SX352_BO1,204,203,200_

内容(BOOKデーターベース)

事故で愛妻を喪い、失意の只中にあるうだつの上がらない大学講師の松嶋は、物故作家の未発表手記を入手する。絶望を乗り越え、名を上げるために、物故作家の自殺の真相を究明しようと調査を開始するが、彼の行く手には得体の知れない悪意が横たわっていた。二転三転する物語の結末は?著者渾身の傑作巨篇。

おいおいおい。
息子が可愛いとは言え
息子を振った元恋人の旦那を陥れるなんざ・・・
手間と時間がかかりすぎだろう。
出来の良い息子を持つと
母親ってここまで出来ちゃうのか?
良かった~アホ息子で。

文章が読みやすいので
サクサクと読み進み1日で完読
スポンサーサイト
[ 2016/02/17 12:00 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://familynakayoshi.blog.fc2.com/tb.php/870-d4ec4604







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。