2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08







スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

天童荒太~「贈られた手」「巡礼者たち」「まだ遠い光」 

お盆辺りは習い事が
休みになるので
暇で有る・・・

お盆休みの無い会社なので
出社しているが
やはりお盆は・・・暇で有る。

予定の無い週末
一気に読書をした。

天童荒太
第三巻
「贈られた手」

51AJR3KKQML__AA160_.jpg 

第四巻
「巡礼者たち」

5149M6V6Q7L__AA160_.jpg 

第五巻
「まだ遠い光」

51K8R03S5ZL__AA160_.jpg 


一気に読み終えたbookstand_01.gif

うん・・・・
犯人が当たってしまった。

ずっと1人にスポットを当てるのでは無く
順次登場人物に焦点を当て
過去を少しずつ回想しながら
話が進むので退屈しない。

最後は
それぞれが前向きに進み出し
明るい未来が見いだせそう・・
と言う感じである。

しかし、
最後まで犯人夫妻の考え方は
共感できなかった。
難しいわ「愛とは」なんて言われても。

ただ、
息子を殺さなければならなかった
2人の心情を考えると痛かった。
実際に居ると思う。
引きこもったり、
家庭内暴力で子供に手をかけざる終えない親は。

社会は
「まだまだ親としてやることがあるでしょ~」
と言うだろうけど
本人達にしたら
既に精一杯やっているだろう
そんな人はいるんだろう。

私なんて子供の育て方は
大いに間違った。
でも、親の間違いに気がつかない
抜けた子供だったので
深く考えず何となく育っている。
今のところは・・・

本当に紙一重な物語で
最後までドキドキと言うより
心がチクチクした話であった。
スポンサーサイト
[ 2014/08/21 12:00 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://familynakayoshi.blog.fc2.com/tb.php/796-75f723a7







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。