2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11







スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

天童荒太~「幻世の祈り」~ 

急に読書がしたくなり、
本を購入した。 book_mekuru_05.gif

ここ数年
歴史小説ばかり読んでいたので
最近の作家も・・・
と選んだのが
今丁度ドラマもやっている
「天童荒太」

小説は5冊組
第1部は「幻世の祈り」

51R7GCVKQKL__SL500_AA300_.jpg 

物語は
美術教師:巣藤俊介
刑事:馬見原
児童相談センター:氷崎遊子
を中心に
生徒だったりその親だったりに
それぞれスポットを当てて進んでいく。

先にテレビドラマを見てしまったため
巣藤先生はどんなに
クールなことをしても
小さな伊藤淳史君だし、
刑事はだみ声の遠藤憲一
氷崎は普段着でカバンを十時掛けし
バタバタと走り回る松雪泰子のイメージが離れない。

ドラマと違ったのが
巣藤先生の恋人
ドラマ中では
「妊娠したの・・・」と嘘で迫る
「エッチしたよね?」と
レストランで騒ぐ等
もの凄い非常識な恋人だが
小説の中では普通の女性。
逆に煮え切らない伊藤淳史に苛つく。

文書も簡単で
とっても読みやすい。

スポンサーサイト
[ 2014/08/17 12:00 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://familynakayoshi.blog.fc2.com/tb.php/794-a578bd0b







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。