2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12







スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

豊田市新春民謡祭り その1~あらまし~ 

2014年2月2日(日)

豊田市の
民謡25周年を祝う
「新春豊田民謡祭り」
にスミの方で
チョットだけ出場。

20年前
この西三河地方に
約12程有った民謡教室は
既に3つのみになったらしい。

今回はこの
残された?
3つの教室が
色々な催しを行った。

お客さんの入場は無料である。

当日の午前中は雨。
にも関わらず
多くの人が見に来てくれた。

お客さんの層は
勿論というか・・・
当然というか・・・
年配者が多い。
 
が、会場には500人ほど入っている。
民謡を聴きに来る人が
まだこんなにいるんだなぁ~
と逆に驚く。

しかし、現実日本文化は
衰退している。
習うだけでもお金かかるし・・・
教室も少ないし
ちょっぴり侘びしさを感じた。

私は
会の団体で弾く
「津軽じょんがら3曲」と
「外山節」「生保内節」の三味線伴奏。
勿論大勢の中の1人である。
何とか他の人の邪魔にならぬよう
エアー三味線で難を逃れた


後は、
オープニングとフィナーレで
挙母小唄や新豊田音頭などを
口パクで歌った(歌っていないか?)

_130202三味線はっぴ_ 

こんなはっぴまで着て
口パクとは・・・馬鹿だ

普段他の教室を見ることが無いし、
更には、自分の教室の他の方の
唄をじっくり聞く機会もないでの
今回は別の意味でとても楽しみにしていた・・・続く

スポンサーサイト
[ 2014/02/25 12:00 ] 習い事 三味線 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://familynakayoshi.blog.fc2.com/tb.php/713-9fceb72e







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。