2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12







スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

池井戸潤~鉄の骨 

堺雅人が好きなので
見始めた
「半沢直樹」
確かに内容も面白かった。
でも、何よりも
堺雅人の演技力が
脇役の俳優の配役が
素晴らしかった。

しかし、反面
このドラマのヒットで
私の雅人が広い世界へ
飛び立ってしまったようで
寂しかった。(何様だ?)
人気者になってしまったなぁ~。

それはそうと、
作者の池井戸潤の本は
読んだことがなかった。

そこで、早速「鉄の骨」を
購入して読んでみた。

中心は建築業界。
勿論銀行も脇役として
ちゃんと出ている。
しかも、「白水銀行」じゃないか~

ひと言で言えば
談合入札の話である。
勿論最後には大どんでん返しで
目出度し目出度し。

読みやすくあっという間に既読。

難しいことが
簡単に書かれていて
凄い作家だなぁ~と思って居たが・・・

先週末に見た
ぴっ○んこカンカン
ここに出ていた作家先生

緊張だったのかも知れないけど
私には不貞不貞しいというか
「俺様がこんな番組に出て」的な
感じがした。
しかも、受け答えに
理屈っぽさがにじみ出て、
一気に冷めてしまった。

堺雅人や監督が
素直な受け答えをしていた分
何か残念だった。

天才作家先生はどこか
変わった人が多いのかも
しれないけど、
めんどくさそうに答えるくらいなら
公共の電波に出るな!
と言いたくなってしまった。

この人の次の本は
買ってまで
読まないだろうなぁ~残念。

_1310鉄の骨_
スポンサーサイト
[ 2013/10/26 12:00 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://familynakayoshi.blog.fc2.com/tb.php/648-96cf8e37







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。