2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05







スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

どれもこれも後発品・・・って良いのかなぁ? 

確かに
医療費抑制のためには
後発品を薦めるのは
必要だと思う。

でも、
抗がん剤の様に
副作用の多発する薬剤まで
簡単に後発品へ変更するのは
いかがかと思う。

がんの治療には
お金がかかるが、
しかし、
お金よりも
患者さん自身は
「生きたい。」「治りたい。」
と願うわけで
だから、
辛い抗がん剤治療にも
耐え抜くんだと思う。

企業は
この副作用について
トコトンまで
言及している。
出来るだけ副作用が軽く済むように、
今までの患者さんの
統計を大事に積み重ねて
次に使用する患者さんへ
フィードバックしているのだ。

そこへ、
「同じ薬ですから。」
と後発品が入り込む。

当然、
副作用が出た場合の
後発メーカーの言葉は1つだ。
「先発メーカーに聞いてください。」
これは無いわ~
と医療人の端くれの
私ですら思う。

当然私の会社の方針は
「例え後発品で出た
副作用でも情報を提供していく。」

であるが、
後発品って
薬剤の溶ける時間が
同じなだけだから。

私は自分の家族の時は
抗がん剤に後発品は使わない。

これだけは
決めている。
スポンサーサイト
[ 2013/09/22 12:00 ] 仕事 | TB(0) | CM(1)

それは偏見じゃないですか?
先発品とジェネリック、主成分は同じだから。
ジェネリック会社の「先発メーカーに聞いて下さい」は無責任だとおもいますが。
[ 2013/09/22 13:51 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://familynakayoshi.blog.fc2.com/tb.php/633-6ebfc8a2







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。