2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10







スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

山崎豊子「女の勲章」(上) 

山崎豊子
「女の勲章」(上)

51MEJ7VK5NL__AA160_.jpg 

まだ上巻だけしか
読み終えていないが
さすが山崎豊子gl011ab.gif

デザイナーとは
被服学校の校長先生

親の財産を元手に
好きだった
洋裁教室を開業し
徐々にのし上がっていく
女性を主人公にしている。

しかし、
彼女は銀四郎という
年下のパートナーに
仕事も私生活も
段々振り回されていく。

本当に好きな人が出来たとき
自分の今までの生き方が
既にやり直せないと
悟った主人公・・・

女1人で
のし上がっていく姿は
私のような
最後まで一塊のサラリーマンで
人生を終える人から
見たら
本当に羨ましい。

でも、
いつの世も
上へ上がる人の足は
誰かが引っ張るもんだ。

戦後という社会を考えれば
今とは違って
女性の地位は著しく低い。
だからこその
葛藤が綺麗に描かれている。

今の女性は
強くなったんだなぁ。

えっ?わたしもか?
スポンサーサイト
[ 2013/11/29 12:00 ] 読書 | TB(0) | CM(2)

No title

こんにちは♪かえでねこさん

お久しぶりです^^
山崎豊子さん~お亡くなりになったんですね、先日知りました。
山崎豊子さんの描く小説は、重厚で読み応えがあって面白いですよね。
この本興味があるので読んでみたいと思います。
ブックオフにあるかな~?!
[ 2013/11/30 11:59 ] [ 編集 ]

かりんさんへ

かりんさんへ

コメントありがとうございました。
そうなんですよね~
山崎豊子さん亡くなっちゃって。

最後まで現役の作家さんで
凄い女性でしたね。

この方の本は、
本当にフィクションなのか?
ノンフィクションなのか?分からなくなるほど
リアルですよね。
取材含めて、土台がしっかりしているから
読む側もドンドン引き込まれてしまいます。

私も再度本箱から引き出したり
本屋さんで購入したりして
読み直しています。

また感想書きますね。
[ 2013/12/03 12:18 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://familynakayoshi.blog.fc2.com/tb.php/552-fc0ff6bd







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。