2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08







スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

友人達の離婚 

最近懐かしい
小中学・高校の友人と
再会する機会が増えた。

Key Wordは
「離婚」

今日も20年ぶりに
高校時代の友人と
ランチをした。

彼女には子供が3人居るが、
つい最近
着の身着のままで
元旦那の元から
逃げてきた。

このときに
3人の子供を置き去りに
してきてしまい、
それが離婚を長引かせる
原因となってしまった。

3人中2人は男の子である。

中学生の息子は
父親の元での生活を希望。

小学校高学年の息子は・・・
既に自力で父親の元から
母の後を追って
逃げてきていた。

問題は一番下の
小学2年生女の子。
この子の親権だけは
譲れない。と争っている。

双方の子供の生活を判断する
判定員は、
「両方の子供達の生活は
現状で正常である。
このままで良い。」
と判断した。

この判定員は30才の男性である。

しかし、
話を聞いていると
この判定には
凄く疑問だ。

何でも離婚の原因の1つが
旦那の変態趣味。
女性用の下着を着けて
エッ○をするのだそうだ。

付いた弁護士も
調停員も皆
「それは・・・おかしいよね」
と言う中
その30才の男性だけが
「夫婦生活の中では
良くある事なので
問題外である。」
と判断した。

女の子を
何とか変態趣味のある
父親から離したい。

と思うのは
普通ではないだろうか?

彼女の実家は
資産家で生活も
不自由していない。
一方旦那は自営が傾き
その上、
身体も不自由である。
朝昼晩子供達は
コンビニ弁当を食べ、
ガリガリになっているらしい。

それでも、
「OK」しか出さない判定員
もしもの事が有っても
責任取れるのだろうか?

この判定員が
「問題有り。」とちゃんと
判断してくれれば
娘は母親の元で
普通に生活できる。

どうして
経験の浅い人間に
人の人生を
左右するような
権限を与えるのだろうか?
調停員や弁護士の意見にも
法的権限を与えるべきである。

と私は思う。

スポンサーサイト
[ 2013/02/08 12:00 ] 友人 | TB(0) | CM(1)

えええぇぇぇ~~っっ!!!!!

そんな理不尽な判定がでるんデスネ・・・
その判定員も変態趣味を持っているのかも・・・
怖いです~
[ 2013/02/08 12:42 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://familynakayoshi.blog.fc2.com/tb.php/425-355da85c







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。