2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11







スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

奈良「やまが」の葛切り 

母が無事に5月3日に退院。

やっと私のGWが始まった。

所属している山登りグループで
GWに暇な人のために
先生が急遽
ハイキングを予定してくれた。

勿論私は「は~い」

私の他はご夫婦3組。

近鉄名古屋から名張経由で
室生口大野まで。

本日の目的地は
「女人高野 室生寺」

室生口大野駅から
室生寺まではバスが出ているが
私達は歩く。

昨日までの晴天とは
打って変わり
駅に到着したトタン
雨・雨・雨。

「誰だ~?雨女は?」

「私ですぅ~」

私は雨女なので
雨は慣れている。
全く問題ない。
他の人は迷惑だろうが・・・

歩き始めて直ぐ
道沿いにこんな風流な建物が

_繧・∪縺悟、冶ヲウ__convert_20120507095942 


これが知る人ぞ知る
葛切りの店「やまが」

雨も強くなる一方だし・・・
ではちと寄っていきますか?

と言う事で立ち寄った。

古民家をそのまま使用中。
全て種類の違う豆電球に
火鉢等々、昔の香り満載である。

ここの葛切りは
注文が入ってから
練って作り始めるので
1回に2人分しか出来ない。

ノンビリ旅しか立ち寄れない。

お値段もかなりのもの。
葛切り「1200円」なり。

縺翫@縺ェ縺後″__convert_20120507100643 

しかし、こんな食感は初めて。
幅1cm長さ10cmの葛切りが10本。

裏表が有り
もちもち。

タレも私の知っている
とろりとした黒いタレでは無く
さらさらのあっさりしたタレ。
最後は飲み干すことが出来る。

縺上★縺阪j__convert_20120507100301


兎に角生まれて初めての食感だった。

しかも、これがまた
驚くほど
腹持ちが良い。

この日は結局
夕方3時に昼ご飯だったが
この水ばかりじゃ無いの?
という葛切りがずっとお腹の中で
膨張して頑張っていた。

40代~50代位の
女性が1人で切り盛りしている。

これは隠れ家で
絶品である。
スポンサーサイト
[ 2012/05/07 10:41 ] ランチ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://familynakayoshi.blog.fc2.com/tb.php/189-57a26f92







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。