2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09







スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

読書「ロスト・ケア」~葉真中 顕 

感想・・・★★★★☆(5つが最高)

41a6MjJlfyL__SY346_.jpg

内容(BOOKデーターベース)

戦後犯罪史に残る凶悪犯に降された死刑判決。その報を知ったとき、正義を信じる検察官・大友の耳の奥に響く痛ましい叫び―悔い改めろ!介護現場に溢れる悲鳴、社会システムがもたらす歪み、善悪の意味…。現代を生きる誰しもが逃れられないテーマに、圧倒的リアリティと緻密な構成力で迫る!全選考委員絶賛のもと放たれた、日本ミステリー文学大賞新人賞受賞作。


考えさせられた1冊だった。
世の中のことは全て経験しなければ何も分からない。
私も「介護」と簡単に言っているが
実際に両親の介護が出来るんだろうか?

シングルマザーで息子を育てて
働いて・・・やっと息子も一人前
若さと元気を引き換えに得た自由な時間。
これからが自分の人生だ!
と思った矢先に親の面倒。

きっと思うだろう。
自分の人生っていつまででも
誰かに振り回されていると。

これは本なので殺人を侵すが、
親や自分が高級老人ホームなど
入れないほとんどの国民が
目の当たりにしている介護問題。

凄く貴重な視点の本だと思う。
スポンサーサイト
[ 2016/12/01 12:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://familynakayoshi.blog.fc2.com/tb.php/1077-ceb9bb62







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。