2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09







スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

読書「堂島物語 1 -曙光篇-」~富樫 倫太郎 

感想・・・★★★★★(5つが最高)

51i6-COu3SL__SX298_BO1,204,203,200_

内容(BOOKデーターベース)

米が銭を生む街、大坂堂島。米問屋である山代屋へ、十六歳と遅れて奉公に入った貧農の倅・吉左には「暖簾分けを許され、店を持つ」という出世の道は閉ざされていた。しかし、刻々と変わる米相場の世界を舞台に、相場師としての才能を発揮していく。本格時代経済小説の登場。

面白い!
米問屋とか、経済小説とか
苦手なので今まで避けていた。
しかも、本の表紙だけ見ててっきり
漫画本だと思い込んでいた。

イヤイヤ~
米相場とか全く分からなくても
しっかりと説明してくれるので
問題無く読み進められる。
また、この作者の描く主人公って
素朴だけど人間味のある人が多くて
こんな息子が欲しかった~
と思わせるんだよね~。
1日で読了!
スポンサーサイト
[ 2016/10/24 12:00 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://familynakayoshi.blog.fc2.com/tb.php/1062-97754692







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。