2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10







スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

読書「おとり捜査官 触覚1」~山田 正紀 

感想・・・★★★★☆(5つが最高)

51EDEN1BTvL__SX298_BO1,204,203,200_

内容(BOOKデーターベース)

山手線の駅の構内で同じタイプの若い娘3人が絞殺された。事件の謎を追うおとり捜査官の北見志穂は被疑者たちの前にその美貌と肉体を晒す違法ぎりぎりの捜査を強行した!96年度ミステリの大収穫と絶賛された前人未到の本格シリーズ第1弾。

面白いシリーズを見つけた!
既にドラマに成っているようで
松下由樹=北見志穂・・・
どうも松下由樹が体格良すぎて
イメージがわかなかったが・・・

途中から
犯人はこいつだ!と目星を付けていたが
まさか・・・だった。
しかも、これって刑法39条?
小説とは言え殺されちゃった人が
救われないと納得出来なかった・・・。

確かに精神を乱した人を
守るべき時もあるかも知れないけど
やはりどこかで被害者の無念を考えてしまう。
スポンサーサイト
[ 2016/10/20 12:00 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://familynakayoshi.blog.fc2.com/tb.php/1058-59d90bc6







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。