2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06







スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

読書「コンダクター」~神永 学 

感想・・・★★★★☆(5つが最高)

51xFubb1axL__SX349_BO1,204,203,200_

内容(BOOKデーターベース)

ミュージカルのオーケストラピットのメンバーとして、音大時代の仲間と再会を果たした朽木奈緒美は、これから始まる仲間との仕事を楽しみにしていた。そんな中、とある場所で謎の変死体が発見されてから、奈緒美の周辺でおかしなことが起こり始める―毎夜の悪夢、アパートの窓から外を見つめる首無しの白骨、次第に壊れ始める友情、そして怪事件を狂信的に追う刑事…音楽を奏でる若者たちの日常が、一見つながりのない複数の出来事で崩壊の道をたどり始める。しかし、それは…。自らの欠落した記憶を追ううちに、いつしか暗黒の渦に巻き込まれてゆく奈緒美がたどり着いた真実とは―。

まぁまぁ面白かった。
才能をねたむ事から
全てが歪みはじめる話。
芸術の世界で天才は一握りで
残りの多くは努力の人。
しかし、1番じゃ無ければ認められない。

嫌な記憶を封じ込めれちゃったり
?と思う部分も有ったが
全体的に読みやすかった。

そういえば
学生時代に茶道を習っていた。
先生の娘さんが音楽大学の学生だったので
そのお友達と4人で。。。

何が凄かったって
常にピアノと向きあって
常にピアノ中心の生活。
1日触らないと3日後退するらしく、
家族旅行も行く事が出来ず。

卒業後○○フィルハーモニーに
入れたのは大学院を卒業した一人だけ
それでも、控えだと聞いた。
先発メンバーが引退しない限り
出られないと・・・
芸術って厳しい世界だと思った覚えがある。

スポンサーサイト
[ 2016/10/19 12:00 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://familynakayoshi.blog.fc2.com/tb.php/1057-7ec7cc4e







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。