2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05







スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

読書「監察特任刑事」~姉小路 祐 

感想・・・★★★★☆(5つが最高)

51-dAcM-jCL__SX356_BO1,204,203,200_

内容(BOOKデーターベース)

税理士としての経験を買われ、京都府警に特別資格者枠で“中途採用”された戻橋京一郎。「監察官をさらに監察する」新設部署の係長に抜擢された戻橋は、着任早々、密告電話が入ったとの報告を受ける。それは、組織的な犯罪隠蔽の端緒に過ぎなかった。愚直な信念に生きる刑事を描く、書下ろし新シリーズ!

流れるような京都弁なので
読んでいて違和感も難しさも無い。
その場で会話を聞いているように読み進められる。

さて、警察に特別資格枠があるか否かは知らないが
読む前は税理士のキャリアを活かして
事件を解決するのかと思ったが・・・
刑事としての経歴が無いので
特殊部署に異動させられ
そして、上層部に利用される・・・まえに・・・
暴き出すという話。

別に特別枠を使用しなくても
熱血刑事を主役にしても良かったのでは?
と思える内容だったが
京都弁と人力車の友人が爽やかだったので
★4つ
スポンサーサイト
[ 2016/10/09 12:00 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://familynakayoshi.blog.fc2.com/tb.php/1050-84a4ef0e







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。