2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06







スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

読書「生活安全課0係 バタフライ」~富樫 倫太郎 

感想・・・★★★★☆(5つが最高)

51mPdE5EKML.jpg

内容(BOOKデーターベース)

杉並中央署生活安全課「何でも相談室」、通称0係に小学生から相談事が持ち込まれた。少年の祖母宅に大金が投げ込まれたのだという。しかも、0係の変人キャリア刑事の冬彦と相棒の高虎が調査するうちに、同じマンションの他の部屋も違う額の金を受け取っていたと判明する。お札を調べ始めた冬彦は、あることに気付くが…。KY刑事の鋭い観察眼が光るシリーズ第三弾!

シリーズ第3弾!

面白くて読みやすいが
内容が中だるみしているか?

このシリーズは
軽い事件が絡み合って
同時に進行して、
そして、同時に解決するので
後味はスッキリである。

今回は投げ込まれるお金の謎と
いたずらされる猫の話。

猫が水彩絵の具でオーバーザレインボーを
唄う謎の男に七色にいたずらされる。
この発案が何とも微笑ましい。
(1匹だけ死んじゃうんだけど・・・)

全体を通して
リアルな殺しの話では無いのが
安心して読める理由だろう。
スポンサーサイト
[ 2016/09/14 12:00 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://familynakayoshi.blog.fc2.com/tb.php/1038-7ce08cf5







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。