2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06







スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

読書 「警官の紋章」~佐々木 譲 

感想・・・★★★★☆(5つが最高)

51ppjEmZ_yL__SX364_BO1,204,203,200_

内容(BOOKデーターベース)

北海道警察は、洞爺湖サミットのための特別警備結団式を一週間後に控えていた。そのさなか、勤務中の警官が拳銃を所持したまま失踪。津久井卓は、その警官の追跡を命じられた。一方、過去の覚醒剤密輸入おとり捜査に疑惑を抱き、一人捜査を続ける佐伯宏一。そして結団式に出席する大臣の担当SPとなった小島百合。それぞれがお互いの任務のために、式典会場に向かうのだが…。『笑う警官』『警察庁から来た男』に続く、北海道警察シリーズ第三弾、待望の文庫化。

第3弾!
愛知県警が出てきて少し興奮。
高級四輪駆動車の密輸・・・
あるある!
以前プラドに乗っていたときに
ディーラーが言っていた。
ランクルシリーズは良く盗まれちゃうと。

今回は父親の復讐を計画した若き警察官。
何だか気持ちが分からないでは無いが
折角地方公務員にまでなって・・・
お母さんが可哀相・・・と思って居たら
最後はちゃんとベテランのおっちゃん達が
救ってくれた。

すっきり4弾へGO~
スポンサーサイト
[ 2016/08/30 12:00 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://familynakayoshi.blog.fc2.com/tb.php/1028-b318b0b8







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。