2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12







スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

読書「笑う警官」~佐々木 譲 

感想・・・★★★★☆(5つが最高)

51oc2nJlHsL__SX366_BO1,204,203,200_

内容(BOOKデーターベース)

札幌市内のアパートで、女性の変死体が発見された。遺体の女性は北海道警察本部生活安全部の水村朝美巡査と判明。容疑者となった交際相手は、同じ本部に所属する津久井巡査部長だった。やがて津久井に対する射殺命令がでてしまう。捜査から外された所轄署の佐伯警部補は、かつて、おとり捜査で組んだことのある津久井の潔白を証明するために有志たちとともに、極秘裡に捜査を始めたのだったが…。北海道道警を舞台に描く警察小説の金字塔、「うたう警官」の文庫化。

北海道道警のシリーズ第1弾。

誰が真の仲間で
誰が裏切るのか?
えっ?そんな簡単に信じちゃって良いの?
と私が注意をしちゃいたくなるような・・
この時点でどっぷりと話に引き込まれているじゃん。

時折、シリーズに入っていない
「警官の条件(既読)」にも被る部分も有り
それも合わせて楽しめた。

映画やドラマにも成っているようだが
評価は散々・・・でも、小説は面白い。

スポンサーサイト
[ 2016/08/23 12:00 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://familynakayoshi.blog.fc2.com/tb.php/1026-31b064b9







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。