2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05







スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

読書「赤ひげ診療潭」~山本 周五郎 

感想・・・★★★★★(5つが最高)

61PD3VBK46L__SX331_BO1,204,203,200_

内容(BOOKデーターベース)

幕府の御番医という栄達の道を歩むべく長崎遊学から戻った保本登は、小石川養生所の“赤ひげ”とよばれる医長新出去定に呼び出され、医員見習い勤務を命ぜられる。貧しく蒙昧な最下層の男女の中に埋もれる現実への幻滅から、登は尽く赤ひげに反抗するが、その一見乱暴な言動の底に脈打つ強靱な精神に次第に惹かれてゆく。傷ついた若き医生と師との魂のふれあいを描く快作。

1964年発売
時代物だからではなく
少しも古くささを感じない。
それどころか
出てくる人々の人也が
今現在でも通じる
常識と情を持ち合わせており
少しの違和感も無い。

ページ的には少しも多くない本なのに
一人の若い医師がしっかりと
成長していく様が生き生きと書かれており、
鬼籍に入ってもなお
名の残る作家の表現力は
素晴らしいと改めて感動した。
スポンサーサイト
[ 2016/07/28 12:00 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://familynakayoshi.blog.fc2.com/tb.php/1013-f52a7bda







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。