2016 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312016 09







スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

読書「巡査の休日」~佐々木 譲 

感想・・・★★★★☆(5つが最高)

51USAmmVT9L__SX337_BO1,204,203,200_

内容(BOOKデーターベース)

神奈川県で現金輸送車の強盗事件が発生し、犯人の一人に鎌田光也の名が挙がった。鎌田は一年前、ストーカー行為をしていた村瀬香里のアパートに不法侵入したところを小島百合巡査に発砲され、現行犯逮捕された。だが、入院中に脱走し指名手配されたまま一年が経ってしまったのだ。一方、よさこいソーラン祭りで賑わう札幌で、鎌田からと思われる一通の脅迫メールが香里の元へ届く。小島百合は再び香里の護衛につくことになるのだが・・・・・・。大人気道警シリーズ第四弾、待望の文庫化。

第4弾!
今までと比べると
ちと上手くいきすぎ感が・・・。
札幌のよさこいとか知らなかったし
それよりも、命を狙われていた彼女。
税金で警護されているのに
ちと浅はかすぎないか?
ってか、殺されるかも・・・の状態なら
普通は踊りどころじゃ無いと思うが
その辺りが今ひとつ同調出来ず。

第1弾の仲間が初めて
会食して情報交換。
そうんなんだよ~
皆各々乾されているんだし
もっと早くから情報交換していたら
事件も早く解決していたんだよ~!
スポンサーサイト
[ 2016/08/31 12:00 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

読書 「警官の紋章」~佐々木 譲 

感想・・・★★★★☆(5つが最高)

51ppjEmZ_yL__SX364_BO1,204,203,200_

内容(BOOKデーターベース)

北海道警察は、洞爺湖サミットのための特別警備結団式を一週間後に控えていた。そのさなか、勤務中の警官が拳銃を所持したまま失踪。津久井卓は、その警官の追跡を命じられた。一方、過去の覚醒剤密輸入おとり捜査に疑惑を抱き、一人捜査を続ける佐伯宏一。そして結団式に出席する大臣の担当SPとなった小島百合。それぞれがお互いの任務のために、式典会場に向かうのだが…。『笑う警官』『警察庁から来た男』に続く、北海道警察シリーズ第三弾、待望の文庫化。

第3弾!
愛知県警が出てきて少し興奮。
高級四輪駆動車の密輸・・・
あるある!
以前プラドに乗っていたときに
ディーラーが言っていた。
ランクルシリーズは良く盗まれちゃうと。

今回は父親の復讐を計画した若き警察官。
何だか気持ちが分からないでは無いが
折角地方公務員にまでなって・・・
お母さんが可哀相・・・と思って居たら
最後はちゃんとベテランのおっちゃん達が
救ってくれた。

すっきり4弾へGO~
[ 2016/08/30 12:00 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

読書「警察庁から来た男」~佐々木 譲 

感想・・・★★★☆☆(5つが最高)

51JkGc0hVOL__SX349_BO1,204,203,200_

内容(BOOKデーターベース)

北海道警察本部に警察庁から特別監察が入った。監察官は警察庁のキャリアである藤川警視正。藤川は、半年前、道警の裏金問題の為に百条委員会でうたった(証言した)津久井刑事に監察の協力を要請した。一方、札幌大通署の佐伯刑事は、ホテルでの部屋荒らしの捜査を進めていた。被害者は、すすき野の風俗営業店で死んだ男の父親だった。大通署に再捜査の依頼の為、そのホテルに泊まっていたのだという。佐伯は、部下の新宮と事故現場に向かうのだが…。『笑う警官』に続く道警シリーズ第二弾。

第2弾。
今はまだチームでは無いが
事件発生時にちょっとだけ互いに協力し合い
絆を深めている最中?のメンバー。

現代版必殺仕事人?風である。

話的には面白かったけど
決定的な証拠をつかんでいた
若い女の子があっさり殺されちゃって
しかも刑事が守りきれずに・・
親御さんの気持ちを考えると
いたたまれない・・・・(入り込みすぎ?)

次は第3弾!
当然購入済みである。
[ 2016/08/25 12:00 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

読書「笑う警官」~佐々木 譲 

感想・・・★★★★☆(5つが最高)

51oc2nJlHsL__SX366_BO1,204,203,200_

内容(BOOKデーターベース)

札幌市内のアパートで、女性の変死体が発見された。遺体の女性は北海道警察本部生活安全部の水村朝美巡査と判明。容疑者となった交際相手は、同じ本部に所属する津久井巡査部長だった。やがて津久井に対する射殺命令がでてしまう。捜査から外された所轄署の佐伯警部補は、かつて、おとり捜査で組んだことのある津久井の潔白を証明するために有志たちとともに、極秘裡に捜査を始めたのだったが…。北海道道警を舞台に描く警察小説の金字塔、「うたう警官」の文庫化。

北海道道警のシリーズ第1弾。

誰が真の仲間で
誰が裏切るのか?
えっ?そんな簡単に信じちゃって良いの?
と私が注意をしちゃいたくなるような・・
この時点でどっぷりと話に引き込まれているじゃん。

時折、シリーズに入っていない
「警官の条件(既読)」にも被る部分も有り
それも合わせて楽しめた。

映画やドラマにも成っているようだが
評価は散々・・・でも、小説は面白い。

[ 2016/08/23 12:00 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

読書「螺鈿迷宮」~海堂 尊 

感想・・・★★★★☆(5つが最高)

61TXw5vh4FL__SX354_BO1,204,203,200_

内容(BOOKデーターベース)

医療界を震撼させたバチスタ・スキャンダルから1年半。東城大学の劣等医学生・天馬大吉はある日、幼なじみの記者・別宮葉子から奇妙な依頼を受けた。「碧翠院桜宮病院に潜入してほしい」。終末医療の先端施設として注目を集めるこの病院には、黒い噂が絶えなかったのだ。やがて潜入した天馬の前で、患者が次々と不自然な死を遂げる!天馬、そして厚生労働省からの刺客・白鳥らが、秘された桜宮の闇に迫る。傑作医療ミステリ!

終末医療と復讐劇と言う
暗くなりがちな話に
クスリと笑える主人公を
加えた少しホット出来るストーリである。

ドラマになっていたと思う・・・・
白鳥=仲村トオル?
ドラマのイメージとかなり違って
中々結びつかなかったし
このドラマ自体も見た気がするが
原作とは少し違うような・・・

最後にすみれじゃなくて
小百合が行き残っていたが・・・
この続きもあるのか?
[ 2016/08/18 12:00 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

読書「半落ち」~横山 秀夫 

感想・・・★★★★☆(5つが最高)

41xVsAxHLAL__SY346_.jpg

内容(BOOKデーターベース)

「妻を殺しました」。現職警察官・梶聡一郎が、アルツハイマーを患う妻を殺害し自首してきた。動機も経過も素直に明かす梶だが、殺害から自首までの二日間の行動だけは頑として語ろうとしない。梶が完全に“落ち”ないのはなぜなのか、その胸に秘めている想いとは―。日本中が震えた、ベストセラー作家の代表作。

事件に関わり合いのある人々に
スポットを当てて1つの事件の
真相に迫る!
というストーリー

長編では無いので
それぞれの予想が
見事にドンピシャリである。
これはこれでスッキリして良い。

最後・・・こういう最後だったね。
予想外だった。

[ 2016/08/17 12:00 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

読書「制服捜査」~佐々木 譲 

感想・・・★★★☆☆(5つが最高)

5174GpxvWZL__SX298_BO1,204,203,200_

内容(BOOKデーターベース)

札幌の刑事だった川久保篤は、道警不祥事を受けた大異動により、志茂別駐在所に単身赴任してきた。十勝平野に所在する農村。ここでは重大犯罪など起きない、はずだった。だが、町の荒廃を宿す幾つかの事案に関わり、それが偽りであることを実感する。やがて、川久保は、十三年前、夏祭の夜に起きた少女失踪事件に、足を踏み入れてゆく―。警察小説に新たな地平を拓いた連作集。

話自体は1話で完結しているが
それぞれがどこがでつながっている。

淡々と話が進むので
盛り上がりには今ひとつ欠けたが
この作者の警察シリーズは
どれも分かりやすいので
さ~と完読。

[ 2016/08/15 12:00 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

2回目の車検・・・代車が豪華すぎて 

2回目の車検をうけた。
本当は街のあちらコチラにある
「自分でうける簡易車検」を
試したかったが・・・
流石に親に止められて
今回は渋々メーカーに出した。

車検に出す前に
見積もりを見たが、
どの項目も人件費が実費の三倍近い・・・

何とか安く仕上がらないか?
見るとオプションにバッテリーの交換が入っていた。
がまだ2万キロなのでこれを交換不要に。
更にはナビの更新も入っていた。
遠出をしないのでこれも不要
この二つをカットしただけで
約7万円浮いた。
それでも全体で20万円(T_T)

今回代車を貸してくれたのだが
これが私の車の最新型の最高級グレード
平凡なサラリーマンで母子家庭の私では
一生乗れないだろうと言うほどの豪華さであった。

代車160810

息子は今年18歳。
たぶん免許を取るだろう。
若者の保険は馬鹿高い上運転も下手。
勿論車を買い与える余裕はニャイ。
結局私の車を乗り回して
練習させるしか無いので
新車は数年は我慢我慢。
後2回は車検通すぞ!
[ 2016/08/12 12:00 ] 出来事 | TB(0) | CM(0)

第2148回「家に帰って一番最初にすることは?」 

「家に帰って一番最初にすることは?」

出迎えに来てくれた
犬のはなちゃんを抱きしめる。

帰ってくると
全身全霊で
「お帰り~お帰り~待っていたよ~」
キュインキュインと鳴きながら
私の帰りを喜んでくれるのは
犬のはなちゃんだけ(T_T)

もっとも私は餌係なので
あの喜び方は
「お帰り~」では無く
「餌くれ~腹減った~」かも知れないが
そこは都合良く解釈。



[ 2016/08/11 12:00 ] トラックバック | TB(0) | CM(0)

読書「硝子の葦」~桜木 紫乃 

感想・・・★★★★☆(5つが最高)

51I6y0WeN0L__SX349_BO1,204,203,200_

内容(BOOKデーターベース)

道東・釧路で『ホテルローヤル』を営む幸田喜一郎が交通事故で意識不明の重体となった。年の離れた夫を看病する妻・節子の平穏な日常にも亀裂が入り、闇が溢れ出す―。彼女が愛人関係にある澤木とともに、家出した夫の一人娘を探し始めると、次々と謎に直面する。短歌仲間の家庭に潜む秘密、その娘の誘拐事件、長らく夫の愛人だった母の失踪…。驚愕の結末を迎える傑作ミステリー。

ミステリーとしては
突っ込みどころ満載だが
ストーリーとしては
入り込みやすかった。

全体的にスルスル
読めてしまったが、
中でも継母節子と継子梢との
会話は自然で個人的には
好きだった。

感想としては・・・
澤木のような都合の良い男性がいるもんなのか?
少なくとも私の周囲には・・・・いない・・・。
[ 2016/08/10 12:00 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

読書「タイムスリップ 森鴎外」~鯨 統一郎 

感想・・・★☆☆☆☆(5つが最高)

51ISutaKn-L__SY346_.jpg

内容(BOOKデーターベース)

何者かに殺されかけ、大正11年から現代の渋谷にタイムスリップしてしまった、明治の文豪・森鴎外。道玄坂で若者に袋叩きにされているところを女子高生・うららに助けられる。彼女の友人達の助けを借り、元の世界に帰る方法を探るうちに、文学史上の大疑問に突き当たり、鴎外を狙う意外な犯人の名が浮かぶ。

う~ん。
着眼点は面白そうだったし、
書評もまぁまぁだったので
読んでみたが・・・。

あり得ない事なら
とことんまであり得ない方が
楽しめたかなぁ~。

あっさりと現在に染まったなら
森鴎外らしく、
病院で働いちゃうとか
出版社で働いちゃうとか・・

今一入り込めず。
[ 2016/08/09 12:00 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

読書「イン・ザ・プール」~奥田 英朗 

感想・・・★★★☆☆(5つが最高)

41Y-YVqDLIL__SX351_BO1,204,203,200_

内容(BOOKデーターベース)

「いらっしゃーい」。伊良部総合病院地下にある神経科を訪ねた患者たちは、甲高い声に迎えられる。色白で太ったその精神科医の名は伊良部一郎。そしてそこで待ち受ける前代未聞の体験。プール依存症、陰茎強直症、妄想癖…訪れる人々も変だが、治療する医者のほうがもっと変。こいつは利口か、馬鹿か?名医か、ヤブ医者か。

昔1度トライしたことがあるが、
どうしてもこの伊良部という医師に
のめり込めず断念。

再度トライ!

私自身が現在更年期などで
不安定だからか?
以前よりはのめり込めた。

現代は些細な事で
神経のバランスを崩しやすい。
昔と比べて精神科への受診も
ハードルが低くなったし
意外と必要な医者かも~
[ 2016/08/08 12:00 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

読書「三匹のおっさん」~有川 浩 

感想・・・★★★☆☆(5つが最高)

51OXo-j9UvL__SX341_BO1,204,203,200_

内容(BOOKデーターベース)

還暦ぐらいでジジイの箱に蹴り込まれてたまるか、とかつての悪ガキ三人組が自警団を結成。剣道の達人・キヨ、柔道の達人・シゲ、機械いじりの達人の頭脳派・ノリ。ご近所に潜む悪を三匹が斬る!その活躍はやがてキヨの孫・祐希やノリの愛娘・早苗にも影響を与え…。痛快活劇シリーズ始動。

ドラマを見てしまったので
キャストが重なってしまったが
結構良い配役だったのでは?と思った。

現在版水戸黄門系?の
お話しである。

ここに出てくる孫とじいさんの関係は
私の息子と父親を見ているようだが
現実息子はココまで出来が良くないし
父親はココまで物わかりが良くない。
と言う事で若干現実離れしている感があり
ドップリとまではのめり込めず・・。


[ 2016/08/04 12:00 ] 読書 | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。