スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

少林寺拳法大会 

2016年5月28日は
愛知県インターハイ予選

2016年5月29日は
西三河大会

息子はこの二つの試合に出場した。

少林寺拳法は
同じ高校で
持っている段位が近く
息の合うパートナーがいないと
演武で出場する事が難しい。

小学生の頃に同じ道場で学んだ友人と
偶然高校で再会。
お互いに全く別の部活動だったが
この1ヶ月だけペアになって練習を重ねてきた。

結果は・・・
インターハイ予選は決戦で敗れた。
西三河大会は出場高校が2校・・・
どっちが上手い?という話。
ここでは、最優秀賞。
当然本人はメダルは手にしたものの
全く嬉しそうでは無く・・・

二人でやる最後の
6月の愛知県大会に向けて
練習に勤しんでいる。

でも、二人でやったと言う
記念は貰えたんだし
結果よりも毎日頑張っていた事が
凄いと思えたけどね。

IMG_4417.png
スポンサーサイト
[ 2016/05/31 12:00 ] 息子 | TB(0) | CM(0)

読書「百舌~幻の翼~」~逢坂 剛 

感想・・・★★★★★(5つが最高)

51oXP2m51uL__SX343_BO1,204,203,200_

内容(BOOKデーターベース)

かつて、能登の断崖に消えた“百舌”は復讐を誓い、北朝鮮の工作員として、日本に潜入した―。稜徳会病院で起きた大量殺人事件は、明確な理由もなく突然の捜査打ち切りが発表され、背後に政治的な陰謀がからんでいるのではと、取り沙汰されていた。捜査に当った倉木尚武警視は、大杉良太警部補、明星美希部長刑事などと共に闇に葬られようとする陰謀を執拗に追う。息もつかせぬサスペンス長編。

今回百舌の登場は少し。
って言うか・・・お兄ちゃん生きていたのね。
お兄ちゃんの復讐をして
弟はあの世へ行ったのに・・・

何かの伏線があるとは思って居たが・・・
最後はかっこよく大どんでん返し。

しかも・・・次回は結婚?新婚?

この作品は
本を読んでから
ドラマ若しくは映画を見た方が
楽しめるなぁ~と思う。
全部で6冊
読了したら早速レンタルへ走るな・・・わたし。
[ 2016/05/30 12:00 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

読書「百舌~百舌の叫ぶ夜~」~逢坂 剛 

感想・・・★★★★★(5つが最高)

51FDXVvC1eL__SX344_BO1,204,203,200_

内容(BOOKデーターベース)

能登半島の突端にある孤狼岬で発見された記憶喪失の男は、妹と名乗る女によって兄の新谷和彦であると確認された。東京新宿では過激派集団による爆弾事件が発生、倉木尚武警部の妻が巻きぞえとなり死亡。そして豊明興業のテロリストと思われる新谷を尾行していた明星美希部長刑事は…。錯綜した人間関係の中で巻き起こる男たちの宿命の対決。その背後に隠された恐るべき陰謀。迫真のサスペンス長編。

TVドラマもWOWOWも映画も
見ようとしたが、今ひとつ分かりにくくて
途中でリタイヤしてしまった。

本で読んでみて理由が判明。

過去未来現在と
次々と回想が変化する上
章によって主人公「私」も変わる。
これはドラマじゃ伝えにくいわ~

この「百舌の叫ぶ夜」は
シリーズ1となる。
一気に完読。

初版を見てみるとかなり前の作品
しかし、内容的には
古くささも感じないし
どんでん返しも
「えっっっっっっっっっっっっっっ?」と

もっと早く読めば良かったと
思えたシリーズ。
勿論
6冊全て購入済み。
読書がしたくて・・・
仕事してる場合じゃ無い状態である。
[ 2016/05/29 12:00 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

読書「ハング」~誉田 哲也 

感想・・・★★★★★(5つが最高)

415Q0mbi5AL__SX338_BO1,204,203,200_

内容(BOOKデーターベース)

警視庁捜査一課の堀田班は、宝飾店オーナー殺人事件の容疑者を自供により逮捕。だが公判では自白強要があったと証言され、翌日、班の刑事の一人が首を吊った姿で見つかる。そしてさらなる死の連鎖が…。刑事たちは巨大な闇から仲間を、愛する人を守ることができるのか。誉田作品史上もっともハードな警察小説。

テンポも良くて
この人の作品は好きなんだけど・・・

人が死にすぎ!

ストロベリーナイトもだけど
この作者は
ひっそりと人に恋心を持つ
そんな描写が上手いので
ストーリーとは別に
ちょっとキュンとするのだが・・・

最後には救われないと決まっている。

ストロベリーナイトは他の人と結婚しちゃったし
今回は・・・死んじゃった。

しかし、
一気に読めちゃうほど
内容は面白かった。
[ 2016/05/28 12:00 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

今日のお弁当~忘れちゃうと・・・~ 

高校生の息子は
私が老体にむち打って
朝早くから作ったお弁当を
忘れていく時がある。

リビングの机上に
ポツネンと置かれた弁当箱を見ると
おじいちゃんが早速LINEを送ってくる。

「奴は弁当忘れていったぞ!」

家から学校までは自転車で5分。
一応私もLINEで
「弁当忘れたよ!」と送るが
母親からのLINEなぞ
読みゃ~しない。

結局おじいちゃんの
お弁当になる。
息子と違って
「旨いぞ!」と言いながら
食べてくれるので良いが・・・・
カロリーが若者向けなのでねぇ。

今日のお弁当

IMG_4341.jpg

上から
①豚肉の野菜巻き照り焼き風(人参&インゲン)
②ホウレンソウとベーコン
③シメジと卵のあんかけ
④ハム&チーズ&牛乳入り卵焼き
⑤ブロッコリーカレー風味
⑥トマトのベーコン巻き

コレにおにぎりを2個持って行く。
果物も入れたいが
息子は果物全体にアレルギーっぽい
反応が出る。。。。
喉がイガイガするらしいので・・・

今日はじいちゃんから
連絡が無いので
持って行ったらしい。
じいちゃん残念。次回に期待を!
[ 2016/05/27 12:00 ] 息子 | TB(0) | CM(0)

読書「疑心~隠蔽捜査3~」~今野 敏 

感想・・・★★★★☆(5つが最高)

51-etYojggL__SX349_BO1,204,203,200_

内容(BOOKデーターベース)

アメリカ大統領の訪日が決定。大森署署長・竜崎伸也警視長は、羽田空港を含む第二方面警備本部本部長に抜擢された。やがて日本人がテロを企図しているという情報が入り、その双肩にさらなる重責がのしかかる。米シークレットサービスとの摩擦。そして、臨時に補佐を務める美しい女性キャリア・畠山美奈子へ抱いてしまった狂おしい恋心。竜崎は、この難局をいかにして乗り切るのか?―。

シリーズ3作目。
しかし、2作目の「果断」が何故だか途中?
読んだ覚えもあるが・・・

読了後はやはりブログに書き込むか、
アプリで管理しないと
読んだか読んでいないかも定かでは無くなる
何とも哀しい現実である。

もっとも、似たような内容の本が多いから
印象に残りにくいってのもあるか
と一応言い訳。

さて、真面目だけの竜崎署長
今回は美しく若い秘書官に恋をしちゃう。

ここで、簡単に不倫に走らず
「禅」の心を持ち出すところが
私個人的にはこの作者の
一本通った柱を感じる。

[ 2016/05/26 12:00 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

読書「禁断~よこはまみなとみらい署暴対係~」~今野 敏 

感想・・・★★★☆☆(5つが最高)

51oUpbTceVL__SX322_BO1,204,203,200_

内容(BOOKデーターベース)

横浜・元町で大学生がヘロイン中毒死した。暴力団・田家川組が事件に関与していると睨んだ神奈川県警みなとみらい署暴対係警部・諸橋は、ラテン系の陽気な相棒・城島と事務所を訪ねる。ハマの用心棒―両親を抗争の巻き添えで失い、暴力団に対して深い憎悪を抱く諸橋のあだ名だ。事件を追っていた新聞記者、さらには田家川組の構成員まで本牧埠頭で殺害され、事件は急展開を見せる。

う~ん。
軽くは読める。
最近は警察ものが多い為だからか
渋い主役刑事にキュンとしなくなり
逆に参謀的な脇役に頼もしさを感じる。

もっとも、そうなるように
作者も作品を書き上げているんだろうけど・・・

軽く読める分枚数の割には
ミステリー要素は今ひとつ物足りなかった。
どちらかと言えば
人間模様が中心かなぁ?
[ 2016/05/25 12:00 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

悪質詐欺師が家の中 

高校生のお小遣いって
幾らが平均なんだろう?

現在息子は高校2年生
でも、本当は3年生なので
今年18歳である。

我が家では毎月5000円としている。
しかし、月末や月初など
分かりにくい日に要求するため
何月分を渡したのか?
分からなくなるときがある。
それを良いことに奴は
「今月分がまだ」だの
「来月分を先に頂戴」だの
ありとあらゆる詐欺まがいな事をする。

時には
「お母さんから貰っていない」などと
祖父母に対してまで
老人詐欺を行う有様である。

もっとも祖父母は私なんかより上手なので
「おばあちゃん達はお金がないんだよぉ~(泣)」と
逆に
「可哀相な老人(の振り)
心理揺さぶり作戦」を行って
応戦している。

そこで最近は受渡しの現場を
写真撮影して証拠を保持している。
[ 2016/05/24 12:00 ] 息子 | TB(0) | CM(0)

モップ? 

犬を家の中で飼い始めて
初めて知った・・
犬ってよく寝る。

相手をして貰えないと
分かると直ぐに爆睡。

しかも、顔が後ろぞりで
ベットから落ちているんですが・・・
肩凝らないのか?

IMG_4293.jpg


しかもお腹も丸出しで
本能はいずこへ?

この姿
まさに「モップ」である。
でも・・・
飼い主からすると

可愛い~(恥)
[ 2016/05/23 12:00 ] はな | TB(0) | CM(0)

今日のお弁当~これでも文句言うのか?~ 

高校生の息子のお弁当。
勿論毎朝作っている。

なんやかんやと文句の多い息子が
また
「野菜を増やしてくれよぉ~」
「身体の事もっと考えてくれよぉ~」

これでも毎日
野菜と肉とバランス良く
考えて作っているつもりですが・・・

IMG_4338.jpg

上から
①卵焼き・・・ハム&チーズ&牛乳入り
②椎茸・・・チーズのムニエル風
③ベーコン&トマト
④海老のマヨネーズ混ぜ
⑤ホウレンソウとハム・・・塩こしょう
⑥ソーセージ・・・ケチャップ風味
⑦牛肉の野菜炒め焼き肉風

働いているお母さんでも
もっと凄いお弁当を作る人は
そりゃ~世の中には
ごまんといるだろう。

でも、私も決して手は抜いていない。(つもり)
冷凍食品は1つも無い。
これで文句言うのか?
と言いたくなる。

お母さんはねぇ~
将来の貴方の嫁が今から楽しみだよ!
[ 2016/05/22 12:00 ] 息子 | TB(0) | CM(0)

読書「警官の血(下)」~佐々木 譲 

感想・・・★★★★☆(5つが最高)

51PPiQV+aWL__SX298_BO1,204,203,200_

内容(BOOKデーターベース)

安城民雄は、駐在として谷中へと還ってきた。心の傷は未だ癒えてはいない。だが清二が愛した町で力を尽くした。ある日、立てこもり事件が発生し、民雄はたったひとりで現場に乗り込んだのだが―。そして、安城和也もまた、祖父、父と同じ道を選んだ。警視庁捜査四課の一員として組織暴力と対峙する彼は、密命を帯びていた。ミステリ史にその名を刻む警察小説、堂々たる完結篇。

ん~ん。
軸となっていた
祖父の死の真実が
あまりにお粗末な理由だったのが
残念だった。
物語全体のスケールが大きかった為
ギャップが・・・。

しかし、全体を通じて
3代60年の警官一家
それぞれの親を理解しながら
誇りに感じながら
全うしていく姿がとても良かった。
[ 2016/05/21 12:00 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

読書「警官の血(上)」~佐々木 譲 

感想・・・★★★★★(5つが最高)

51jo-VXpVxL__SX298_BO1,204,203,200_

内容(BOOKデーターベース)

昭和二十三年、警察官として歩みはじめた安城清二は、やがて谷中の天王寺駐在所に配属される。人情味溢れる駐在だった。だが五重の塔が火災に遭った夜、謎の死を遂げる。その長男・安城民雄も父の跡を追うように警察学校へ。だが卒業後、その血を見込まれ、過酷な任務を与えられる。大学生として新左翼運動に潜りこめ、というのだ。三代の警官の魂を描く、空前絶後の大河ミステリ。

祖父・父・そして息子と
3代に渡り警察官となり
1つの事件を追い求める。
そんな話である。

と有る事件が柱であるが
その事件だけでは無く
その時代の主人公を中心とした
人生が書かれている点で
戦後段々人々が
裕福になるそんな
移り変わる時代背景も
一緒に読むことが出来る。
確かにスケールの大きな
読み応えのある本である。

「上」は祖父と父の人生の途中まで・・・
現在「下」のいよいよという所まで来ている。

勿論未だ犯人の予想も立っていない。
[ 2016/05/20 12:00 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

五勝手屋羊羹~北海道江差の銘菓 

三味線の男先生は
江差追分の第一人者?
若しくはそれに近い方である。

年に数回は
北海道の江差へ。
その江差で明治3年から
作られている銘菓が
五勝手屋本舗の
「五勝手屋羊羹」
羊羹が1つずつ筒に入っており
量が丁度良い。

味は昔ながらで
とても美味しい~。

五勝手屋羊羹

今やネットでも購入できるが
毎日食したら・・・
ヤバイヤバイ。
[ 2016/05/19 12:00 ] 日常品 食べ物 | TB(0) | CM(0)

50代からの化粧品~コフレドールグラン~「口紅篇」 

とおとお・・・
手を出してしまった。
50代からの化粧品
「コフレドールグラン」シリーズ。

値段も手頃だし・・・
戸田恵子さん綺麗だし・・・
50代を綺麗に見せられる化粧品なら
48歳の私も綺麗に見せられるだろう(誰も彼も・・・無理か?)

口紅は凄い!
塗った直後はプリプリである(見たかない?)
と言うよりグラスにつきにくいし
直ぐに取れない。。。。

今回は限定色の「RS335」
パッケージも可愛いし
GOOD!

口紅2


口紅

[ 2016/05/18 12:00 ] 化粧品 | TB(0) | CM(0)

読書「閉鎖病棟」~帚木 蓬生 

感想・・・★★★★★(5つが最高)

515YVMB0NXL__SX324_BO1,204,203,200_

内容(BOOKデーターベース)

とある精神科病棟。重い過去を引きずり、家族や世間から疎まれ遠ざけられながらも、明るく生きようとする患者たち。その日常を破ったのは、ある殺人事件だった……。彼を犯行へと駆り立てたものは何か? その理由を知る者たちは――。現役精神科医の作者が、病院の内部を患者の視点から描く。淡々としつつ優しさに溢れる語り口、感涙を誘う結末が絶賛を浴びた。山本周五郎賞受賞作。

作者が精神科医だからか?
患者の表情や状況が目に浮かぶほど
リアルである。
精神疾患を発症した本人も辛いが
周囲もそれを受け入れるのに
何十年もかかる・・・
そんな現実をつきつけられた作品だった。

自分をコントロールできずに苦しみ続けた人。
誰よりも冷静に自分を分析出来てしまう人・・・・

最後に少しだけ出てきた
女医先生の暖かい言葉に
人間は平等とは言うが
そうで無い時や場面も多々ある。
そんなときにこそこの医師のように
患者側や弱い人の側に
立てる人間になりたい。と
改めて思った次第である。

社会で救われないが
人の温かさに救われた作品だった。
[ 2016/05/17 12:00 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

ドラマ「グッドパートナー」~萌え萌え 

今シーズン1番はまっているドラマは
「グッドパートナー」
竹野内君と松雪さんの息もぴったりで
何よりも
どちらもお美しい・・・・
最初から最後までポワ~ンとしちゃってる。

個人的にこのドラマの脚本が好き。
竹野内君の真面目顔で言うギャグもツボだし、
松雪さんの洒落も・・・アラフィフにはたまらん。

衣装も見応え有りで
毎週楽しみにしています。

グッドパートナー
[ 2016/05/16 12:00 ] テレビドラマ | TB(0) | CM(0)

読書「ブルーマーダー」~誉田 哲也 

感想・・・★★★★★(5つが最高)

51M8Oxk2lHL__SX343_BO1,204,203,200_

内容(BOOKデーターベース)

池袋の繁華街。雑居ビルの空き室で、全身二十カ所近くを骨折した暴力団組長の死体が見つかった。さらに半グレ集団のOBと不良中国人が同じ手口で殺害される。池袋署の形事・姫川玲子は、裏社会を恐怖で支配する怪物の存在に気づく―。圧倒的な戦闘力で夜の街を震撼させる連続殺人鬼の正体とその目的とは?超弩級のスリルと興奮!大ヒットシリーズ第六弾。

ストロベリーナイトのドラマは全部見た。
少し疲れた菊田役に
西島さんは適任だったわ。
彼の少し疲れた感じの背広(スーツでは無い)や
姫川主任を見つめるまなざしに
私の乙女心は打ち抜かれた。

小説は今回初めて読んだが
全てドラマの俳優とマッチングしてしまった。
う~ん。まさか菊田が結婚してしてしまうとは・・・
ここで、私の乙女心は勝手に泣いた。

個人としては
是非2人は結婚せず
良きパートナーでいて欲しかった。
やはり男は身近で手を打つのか?
等々・・・複雑な乙女心である。

で、話は相変わらずグロテスクでは有るが
ドラマを見ていたせいか入り込みやすく
久しぶりにあっという間の読破であった。
[ 2016/05/15 12:00 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

読書「MOMENT」~本多 孝好 

感想・・・★★★★☆(5つが最高)

51uUmsOBtOL__SX349_BO1,204,203,200_

内容(BOOKデーターベース)

死ぬ前にひとつ願いが叶うとしたら…。病院でバイトをする大学生の「僕」。ある末期患者の願いを叶えた事から、彼の元には患者たちの最後の願いが寄せられるようになる。恋心、家族への愛、死に対する恐怖、そして癒えることのない深い悲しみ。願いに込められた命の真実に彼の心は揺れ動く。ひとは人生の終わりに誰を想い、何を願うのか。そこにある小さいけれど確かな希望―。静かに胸を打つ物語。

必殺仕事人的な話かと思った。
最後に願い事を叶えることで
心残りを少しでも軽くして・・・

ところが、実際は逆かな?
全くとは言わないが
世の中にはこういう復讐の仕方も
有るのか~と思える作品。

もし自分なら
最後の最後に1番憎んでいる人を
ぎゃふんと言わせたいか?
今ならそこまで憎い人はいないかなぁ?
と思えた。
と言う事はまだまだ甘い人生なのか?
はたまたそこまで人を憎まずに
過ごせている毎日に感謝なのか?

今までの本と
視点の少し異る作品で
面白かった~。
[ 2016/05/14 12:00 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

読書「地層捜査」~佐々木 譲 

感想・・・★★☆☆☆(5つが最高)

518t6jR109L__SX349_BO1,204,203,200_

内容(BOOKデーターベース)

無能なキャリアに歯向かって謹慎となった若き刑事・水戸部は迷宮入り事件を担当する「特命捜査対策室」に配属された。15年前の四谷荒木町の殺しを再捜査せよ。専従捜査員は水戸部ただ一人。退職刑事を相棒に、水戸部は町の底に埋もれた秘密と嘘に肉薄してゆく。静かな余韻を響かせる警察小説シリーズ第一作。

文章自体はとても読みやすいが、
兎に角地形を知らないと
上手く読み進められない。
今回の舞台は東京。
大きな幹線道路とか・・
知っているだけで
「あ~」と思えるのでは?

個人的には引退した元刑事が
もう少し良い人だと良いなぁ~
何というか、おじいちゃんの知恵袋のような。。。

人間的にトゲトゲしていて・・
事件自体が15年前の
些細な事からやっちまった的な話なので
人間関係がホンワカしていた方が
バランスが良い気がしたが・・・
[ 2016/05/13 12:00 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

同級生との飲み会~35年ぶりの再会? 

2016年5月4日(水)

近所に住む
小中学校時代の友人達との飲み会。

ゴロゴロすると決めた
GWだったが、結局この日は
昼間から1人部屋で
DIYに勤しんでいた。

そして、スタート時間を忘れる有様。
って言うか会社関係なら
例え遊びでもあり得ないが
そこは同級生のよしみ。
「はよ~こいや~」
の連絡でダッシュ!

今回のメンバーの中に
中学1年生以来の同級生が・・・
う~ん軽く数えても35年ぶり。
怖いわ!

5人で飲んだのだが
偶然3人が5月生まれ。
勿論西暦は全員同じ・・・
今年年女&年男ばかりだ。

唯一独身の同級生が
こんなケーキを買ってきてくれた。
そして皆で歌を歌ってくれた(泣)

IMG_4309.jpg


何故にこんな気遣いの出来る子が
未だ独身なのか?
と言うのはさておき
良い誕生日&飲み会だった。

[ 2016/05/12 12:00 ] 友人 | TB(0) | CM(0)

読書「安積班 神南署」~今野 敏 

感想・・・★★☆☆☆(5つが最高)

51OftXXoD0L__SX337_BO1,204,203,200_

内容(BOOKデーターベース)

人と犯罪の溢れる街、渋谷。その街を管轄とする警視庁神南署に張り込む新聞記者たちの間で、信じられない噂が流れた。交通課の速水警部補が、援助交際をしているというのだ。記者の中には、真相を探ろうとするものも現れ、署内には不穏な空気が―。刑事課の安積警部補は、黙して語らない速水の無実を信じつつ、彼の尾行を始めるが…。警察官としての生き様を描く『噂』他、8編を収録。大好評安積警部補シリーズ待望の文庫化。

シリーズ物だと思うけど
どれが最初なのかさっぱり分からない。
古そうなので取りあえずこの本からスタート。

今回は神南署の署員に
それぞれスポットを当てた短編集。

出てくる刑事が皆人間らしく
安心して読める。
ハンチョウ?ってドラマの原作だからか
「安積=佐々木蔵之介」
にしか思えず・・・
意外に好きなので(偉そうだが・・・・)
心の中で「ガンバ!」と言いながら
読んでいる自分に途中で気が付いた。

[ 2016/05/11 12:00 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

イチゴ狩り in 南知多 

2016年4月29日(金)

いよいよGW突入~。
仕事のストレスがマックスだったので
本当にGOOD タイミングだ。

これ以上仕事していたら
踊りながら仕事場から立ち去る・・・
等という出来事が起こってもおかしくなかった。

GW初日は
友人一家&大学の先輩&私(5人)での
イチゴ狩り~。
昔息子が小さかった頃
行ったっきり・・・15年ぶりだ。

「いちごって意外と食べられないんだよね~」と
思いながら、親の敵ほど食べてしまった。

夜はそのまま5人で居酒屋。
友人の中学3年生の息子がひと言
「彼女・・・1人でしゃべってたね。」
ごめんよ~
でもおかげでスッキリしたよぉ~。

IMG_4210.png
[ 2016/05/10 12:00 ] 友人 | TB(0) | CM(0)

平井堅「Ken's Bar」~コンサート 

2016年5月3日(火)

会社の先輩から突然誘われた
「平井堅 Ken's Bar」コンサート。

先輩の友人が
行けなくなってしまっての代打だが・・・
はっきり言ってもの凄く嬉しかった。

平井堅が前回名古屋の来たのは5年前・・
勿論行きましたわよ。
2階席から「ぢぃー」と君の瞳を見つめていた。。。。

今回は後ろではあったがアリーナ席。

先輩~ありがとぉ~誘ってくれて。

彼・・・
5年前よりも素敵になっていた。
(私の物じゃ無いけど・・・)

平井堅

[ 2016/05/09 12:00 ] 演劇・コンサート | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。