2014 101234567891011121314151617181920212223242526272829302014 12







スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

かんなみスプリングカントリー倶楽部~その1 


2014年10月18日~

会社の同僚達と
静岡県の
「かんなみスプリングゴルフ倶楽部」
へお泊まりゴルフ。

東京の同僚(男)が宿泊から
何もかもやってくれ、
名古屋から出かけた3人官女は
ただ当日現地へ行くだけ~
と言うツアー

行きの新幹線で
「あっ!4人でどんな部屋割りなんだ?」と
気がつく始末。

40代の私と
50代の先輩は
「私達のどっちかが
彼と同室で良いんじゃ無い?」

適当である。

よく分からないまま
静岡県へ

結局
シングルルームだった。

しかも・・・・広い。

小IMG_2921


そのまま夜は
美味しい食事&ワインにビールで
話に花を咲かせ明日のゴルフに備えて眠る。

小IMG_2918 






スポンサーサイト
[ 2014/11/12 12:00 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

結婚式 


2014年10月10日

会社の後輩の結婚式
後輩と言っても
既に息子と呼べるほどだが・・・

彼は入社して直ぐに
子供を授かり
籍を入れた。

そして、子供が生まれ
丁度歩き始めた頃に
結婚式をやったのだ。

昔はお腹が大きくなる前に・・等と
大急ぎで式を挙げていたが
今回出てみて子連れの結婚式も
良いものだなぁ~と思った。

夫婦の指輪の交換は
歩き始めた子供が指輪の入った
リックサック背負って
ヨタヨタと両親の元へ運ぶ。

夫婦の誓いのキスは
子供の両頬にキスを。

新郎新婦も既に父親や母親なので
かなり落ち着いているし、
式全体がとっても和やかで
微笑ましかった。

IMG_2912.jpg

後輩の両親が
ほぼ同じ世代なんですが・・・

IMG_2934.jpg

新郎側は会社の同僚だらけ。
豪華な飲み会状態であった。

[ 2014/11/10 12:00 ] 仕事 | TB(0) | CM(0)

キャニオニング・・・リベンジ編 


まさかの水着で
延暦寺を参拝した日から
約1ヶ月先
とうとうリベンジをはたした。

おじさまは都合が付かず
山登りのリーダー(推定年齢40半)と2人で
鼻息も荒く
でも、慎重に滋賀県入りを果たした。

この日は私達以外のお客さんはおらず、
完全貸切り状態。

スゥエットスーツ&ライフジャケット&ヘルメットに
身を包んだ40歳折り返し過ぎの女2人

小P9280031 


ジャバジャバと水の中を進む。

小P9280072 


水しぶきにも立ち向かい

小P9280241


滝壺に向かってダイブし

小P9280244

一体どこを目指しているのか?

山登りの時のリーダーは
女性である事を忘れてしまうほどの
決断力と統率力で
おじさんおばさんをグイグイ引っ張っている。

しかし今日は
「きゃ~滝壺怖い~」と
メンバーが聞いたら
腰を抜かしそうな黄色い声を
あげていた。

滝壺で仰向けに浮きながら見た青い空
生きてるって感じがしたなぁ~


小P9280039
[ 2014/11/08 12:00 ] トレッキング | TB(0) | CM(0)

キャニオニング・・・のはずが~その2 

さいわいキャニオニングは
10月下旬までやっているので
「変更で良いですよ。」と
言ってもらえたが・・・。

水遊びをする気満々の3人は
ビーチサンダルに水着・・・
京都市内の観光はちと無理か?

そこで、
京都を出て
ひとけが少なそうな
比叡山延暦寺の観光に出かけた。

もっともふざけたかっこうなので、
罰当たりな行為には変わりないが・・・


何となく3人で
トボトボと拝観

ただ、
この日は決して晴天で無かったことが
唯一の救いであった。

IMG_2823_convert_20141021135636.jpg 

その後、
琵琶湖のほとりで
ポソポソとお弁当を食べ、
道の駅巡りをして
家へ帰ったのであった。

リベンジだ!
[ 2014/11/06 12:00 ] トレッキング | TB(0) | CM(0)

キャニオニング・・・のはずが 


8月下旬
山登りのリーダーと
仲間のおじさまから
「キャニオニングへ行こう!」と
誘われた。

キャニオニングとはなんぞや?
状態だったが
体験したこと無いし・・・
OKした。

どうやら
川の中をジャブジャブと歩きながら
川を上ったり下ったり
滝壺に飛び込んだりする遊びのようだ。

源流で行われるので
夏でも寒いらしいが、
水が綺麗で楽しい。

とネットに載っていた。

とある日3人で待ち合わせ
車で関西方面へ向かった。

「ふ~ん。京都に入るんだ。」
「この前来たばかりジャン。」
「あっ。ここ自転車で通過したわ。」

・・・・・


川の源流でやるキャニオニング
京都市内のどこでやると言うんだ?

そう私達は
キャニオニングの事務所に来てしまったのだ。

それは、
JTBの旅行会社で飛行機を申し込み
当日飛行機に乗るためにセントレアではなく
JTBの事務所にスーツケースを持って現れた。

そういう感じである。

はい。間に合いません。
[ 2014/11/04 12:00 ] トレッキング | TB(0) | CM(0)

下眼瞼のたるみ取り~その5 

既に私の年齢では
皮膚に弾力が無いので
目の下の脂肪を取った後
行き場の無い皮膚がたるむらしい。

そこで、皮を1mm程度切り取り、
同時に目の下の筋肉を
目の横の骨に引っかけたそうだ。

全て手術後に聞いた・・・

既に1ヶ月以上経過したので
忘れちゃうが、
「あっ。目の下に脂肪があるなぁ~」
と思う事は無くなった。

最近テレビを見ていると
同じ手術を受けただろう
女優さんは直ぐに分かってしまう。

と言う特技が身についた。

IMG_2932.jpg 

でも、息子は未だに言う。
「失敗だろう」と。

若いから少しの傷も見えるらしい。
私は都合の良い物しか見えないので
全く成功なんですが。




[ 2014/11/02 12:00 ] 病院 | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。