2014 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312014 11







スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

下眼瞼のたるみ取り~その4 

思いの外腫れたし、
思いの外目の周りが
打ち身のように黄色く変色した。

まぁ~「思いの外」ってのが
下調べの無い私だけで
きちんと調べた人では想定内だろう。

大変なのは
抜糸するまでの一週間だけである。

見た目が痛々しいので
サングラスが外せない。

IMG_2930.jpg

但し、本人は全く痛くないし、
黄色の打ち身は化粧で
充分隠れてしまう程度なので
問題はほぼ無い。


手術後の私をチラリと見た息子はひと言

「失敗だろう!」

いえ・・・まだ何とも言えませんが
多分失敗では無いかと・・・

スポンサーサイト
[ 2014/10/31 12:00 ] 病院 | TB(0) | CM(2)

下眼瞼のたるみ取り~その3 


何の下調べもしなかった
お馬鹿な私は
当然会社の有休も取得していなかった。

医師も看護師も
「えっ?明日も働くの?
3日くらいは無理じゃ無いか?」

術後は
想像よりリアルに出血し
目の下なので
傷口を何と18針も縫っていた。

3日間はテーピングのままだし、
完全に働ける姿では無い。

ただ、
不自由はあるが痛みは無いので
身体は元気である。

IMG_2929.jpg

結局私はマダムヤンの様な
大きなサングラスをして
出社した。

若者は
「どうしたんですか?」
「出来物ですか?」

根掘り葉掘り聞く若者に
同世代のお父さん達はひと言
「こらこら。深く聞いちゃいかん。」

同世代は思ったらしい
「はは~ん。何かやったな。」と。

続く
[ 2014/10/29 12:00 ] 病院 | TB(0) | CM(0)

下眼瞼のたるみ取り~その2 

何の下調べもせず
二つ返事で予約した。

予約日の9月のとある日
会社を半休し、
病院からもらった
「下眼瞼のたるみ取り手術を受けられる方へ」
の紙にも全く目を通さず
普通に受診。

先生から鏡片手に
「ココまで切って~」と言われ
初めて

「えっ?結構大がかりですか?」と気がついた。

しかし、時既に遅し
総合病院なので
ドラマにあるような
凄い手術室へ案内され
脈拍装置まで装着。

あっという間にまな板の上の鯉となった。

確かに
目の下にはたるみと言うより
脂肪が飛び出ていた。

これなければ良いなぁ~と
思ったこともあったが・・・

OPE前はこんな感じ
目の下の印部分が
飛び出た脂肪である。


IMG_2928.jpg 

続く
[ 2014/10/27 12:00 ] 病院 | TB(0) | CM(0)

下眼瞼のたるみ取り~その1 

この夏休みに
会社を休んで姪ッコの病院に付き添った。

姪ッコは
昨年バセドウ氏病がわかり
今は薬剤でコントロールしている。

このバセドウ氏病は
ホルモンが過剰に出すぎてしまう病気なので
汗の量が凄い。

まさに青春真只中の姪ッコ。
病気が無くても
髪型だの匂いだのを気にするお年頃
腋の臭いを凄く気にしていた。

そこで、
名古屋の総合病院で
いわゆる腋臭の手術を受けることにした。
勿論保険診療である。

手術日や経過など
一通りの説明が終わった。

私は平日有休を取ってきた。
タダで・・・手ぶらで帰るのか?

今は顔のシミも無いので
取りあえず帰り際
先生に「私何か出来ませんか?」と
聞いてみた。

先生はひと言
「う~ん。じゃあ目の下のたるみ取る?」

この簡単なやり取りで
手術日が決定した。

続く

[ 2014/10/25 12:00 ] 病院 | TB(0) | CM(0)

三味線発表会 


こちらも忘れるほど前。


毎年恒例の
民謡教室の発表会
これで3回目の出演である。

初めての時は
団体の数曲しか弾けず
ほとんど楽屋でぼけっとしていた。

今年は民謡の伴奏など含めて
15曲出演。
もっとも、ほとんどは中途半端な出来上がりで
時々エア三味線で音出さず。

それでも、
年々弾ける曲も増えて
100人以上いる会員の顔も覚えてきて
居場所が出来てきた感じがする。

石の上にも3年って本当だわ。

IMG_2927.jpg

[ 2014/10/23 12:00 ] 習い事 三味線 | TB(0) | CM(0)

フラダンス発表会 

長いこと日記を放置・・・


その間色々あったわ~

まずは
フラダンス発表会

2014年8月30日
日本特殊業市民会館で
フラダンス発表会

今回は
各地の文化センターに所属している生徒だけの発表会。
同じ先生に習っている生徒が
あっちこっちの教室から集まって
同じ踊りを踊るので
1つの教室発表は30名前後となった。

全て新しいお揃いの衣装を作り
かなり盛大である。

私達の教室はピンクの衣装

IMG_2926.jpg


今回の発表会は
自分の出番以外は
客席で見ることが出来る。

30人以上が
同じ衣装で出てくると
毎回歓声があがる。
見応えもあった。

最後は先生達のフラダンス
中には今年のキングカメハメハで
優勝している先生もいるし、
衣装も当然私達とは段違い。

裾の動き1つもピッタリで
本当に感動した~

発表会が近づくと
面倒だなぁ~
と思ったりもするが
出なきゃ思い出も出来ない。

発表会が無ければ
目的も無くレッスンが続く。
メリハリが長続きの秘訣か?

中にはお祖母ちゃんもいたが
皆嬉しそうに化粧したり
衣装着たり楽しそうであった。

次は2年後かなぁ?


[ 2014/10/21 12:00 ] 習い事 フラダンス | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。