2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05







スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

山歩き「田立の滝」~長野県 

2016年10月10日
長野県「田立の滝」

田川の滝

数ヶ月ぶりの山歩きである。
晴天に恵まれラッキー

今週は3連休だし、
少しだけ秋めいてきた今日は
有名所の山は大渋滞だろう。

しかし、私達のリーダーは
マイナーな低山が大好き。
人が少なく、静に景色を楽しめる
そんな場所を日々探している人だ。

滝

マイナスイオンを頭から・・・
若返るにはこの滝の量でも足りぬ。

絶景

リーダーの予想通り
私達以外の人はほぼいない。
こんな大絶景を独り占め・・・グループ占めである。

川岸でお弁当を広げ
お抹茶を頂く・・・風流である。
今はこのようなハイキング用
お抹茶セットなる物も売っているのである。

抹茶

行き帰りの道には
名前も知らない
キノコが・・・・
美しい物には毒が有る・・・
と言うので勝手に毒きのこに認定した。

きのこ
スポンサーサイト
[ 2016/10/22 12:00 ] トレッキング | TB(0) | CM(0)

山登りのはずが・・・ 

2016年3月21日
所属している山岳部・・・と
書くと凄そうだが
ハイキングの会のリーダーから
お誘いがきた。
勿論直ぐに参加表明!

集合は岐阜駅
私は名鉄岐阜で
その他のメンバーはJR岐阜駅
そこから同じ行き先のバスに乗り合わせて
百々ヶ峰へ行く予定だった。

しかし、待てども待てども
仲間の乗ったバスは来ず・・・
とうとうバスの運転手さんに
聞いてみた。
すると
「ここで待っていてもそこへ行くバスは
永遠に来ないよ~」

な・・なんてこった。

急いでJR岐阜駅前へ移動して
バスの時刻表を確認。

次は・・・1時間44分後・・・駄目だ

北風が吹き付ける
岐阜駅で1人呆然と佇む。

リーダーに電話をして
「今日はここでお別れします。」

山登りは
どんな小さな山でも
出来るだけ早い時間に登り
下山した方が良い。

しかし、この山の登山計画は
実は今月2度目。
前回は・・・雨で中止だった。
しかも前日いきなり
2つも前線が発生して
泣く泣く中止した。
私に対する結界でも貼られているのか?
[ 2016/03/28 12:00 ] トレッキング | TB(0) | CM(0)

キャニオニング・・・リベンジ編 


まさかの水着で
延暦寺を参拝した日から
約1ヶ月先
とうとうリベンジをはたした。

おじさまは都合が付かず
山登りのリーダー(推定年齢40半)と2人で
鼻息も荒く
でも、慎重に滋賀県入りを果たした。

この日は私達以外のお客さんはおらず、
完全貸切り状態。

スゥエットスーツ&ライフジャケット&ヘルメットに
身を包んだ40歳折り返し過ぎの女2人

小P9280031 


ジャバジャバと水の中を進む。

小P9280072 


水しぶきにも立ち向かい

小P9280241


滝壺に向かってダイブし

小P9280244

一体どこを目指しているのか?

山登りの時のリーダーは
女性である事を忘れてしまうほどの
決断力と統率力で
おじさんおばさんをグイグイ引っ張っている。

しかし今日は
「きゃ~滝壺怖い~」と
メンバーが聞いたら
腰を抜かしそうな黄色い声を
あげていた。

滝壺で仰向けに浮きながら見た青い空
生きてるって感じがしたなぁ~


小P9280039
[ 2014/11/08 12:00 ] トレッキング | TB(0) | CM(0)

キャニオニング・・・のはずが~その2 

さいわいキャニオニングは
10月下旬までやっているので
「変更で良いですよ。」と
言ってもらえたが・・・。

水遊びをする気満々の3人は
ビーチサンダルに水着・・・
京都市内の観光はちと無理か?

そこで、
京都を出て
ひとけが少なそうな
比叡山延暦寺の観光に出かけた。

もっともふざけたかっこうなので、
罰当たりな行為には変わりないが・・・


何となく3人で
トボトボと拝観

ただ、
この日は決して晴天で無かったことが
唯一の救いであった。

IMG_2823_convert_20141021135636.jpg 

その後、
琵琶湖のほとりで
ポソポソとお弁当を食べ、
道の駅巡りをして
家へ帰ったのであった。

リベンジだ!
[ 2014/11/06 12:00 ] トレッキング | TB(0) | CM(0)

キャニオニング・・・のはずが 


8月下旬
山登りのリーダーと
仲間のおじさまから
「キャニオニングへ行こう!」と
誘われた。

キャニオニングとはなんぞや?
状態だったが
体験したこと無いし・・・
OKした。

どうやら
川の中をジャブジャブと歩きながら
川を上ったり下ったり
滝壺に飛び込んだりする遊びのようだ。

源流で行われるので
夏でも寒いらしいが、
水が綺麗で楽しい。

とネットに載っていた。

とある日3人で待ち合わせ
車で関西方面へ向かった。

「ふ~ん。京都に入るんだ。」
「この前来たばかりジャン。」
「あっ。ここ自転車で通過したわ。」

・・・・・


川の源流でやるキャニオニング
京都市内のどこでやると言うんだ?

そう私達は
キャニオニングの事務所に来てしまったのだ。

それは、
JTBの旅行会社で飛行機を申し込み
当日飛行機に乗るためにセントレアではなく
JTBの事務所にスーツケースを持って現れた。

そういう感じである。

はい。間に合いません。
[ 2014/11/04 12:00 ] トレッキング | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。